構造設計

構造設計者に求められる資質とは何か?それは求められている事柄が何かを理解出来ることではないでしょうか?我々構造設計部門は、お客様である建築主、または顧客である意匠設計者の意見に耳を傾け、合理的で安全性の高い建築物を提案するパートナーを目指しています。そして理解を得るための努力を惜しまない姿勢が、構造設計の大切さを広く知っていただくことにつながると考えています。

業務内容

構造設計

建築物は、建設されてからその使命を果たすまでの期間に、様々な荷重や外力(地震・積雪・風圧など)に遭遇します。我々構造設計者は、それら予想される荷重や外力に対して、顧客の要望する条件を考慮し、意匠設計者・設備設計者と協力しあい、あらゆる技術を分析・総合化してバランスの良い建築物の構造計画を提案していきます。

設計監理

阪神・淡路大震災では、ごく単純な施工ミスや手抜き工事等の人為的なミスにより、被害を受けた建物もありました。建築工事は、設計者・施工者・専門職人集団が力を合わせて建築物を作り上げていく過程が重要です。我々構造設計者は、工事が設計図書とおりに行われているのを監理するのはもとより、施主・意匠設計者・設備設計者および施工者と緊密に連携して建物を作り上げていきます。

耐震診断

我が国は地震発生大国であり、最近はその地震の発生確率が高くなる傾向にあります。大地震が発生するたび、より建物の耐震性能の向上を図るべく、国は法令等を改正していますが、そのような現行の耐震基準を満たさない既存不適格建築物も数多く存在しています。我々構造設計者は、それらの古い基準をもとに施工された建物の耐震性を適格に診断し、必要で有れば補強設計を行い、少しでも多くの建物を地震の不安から解消するよう努めていきます。