設備設計

設備設計部門は、お客様である建築主、または顧客である設計者の要望に対して、省エネ、エコ、節電等様々な検討を行い、より良い設備設計(給排水・空調・電気)の提案を行います。
建物において設備は建物を健康に保つ設計と考えてます。日々技術革新を行い、建築設計のパートナーとして設備設計を行い、効率の良い、長寿命、保守管理の容易な設備提案を行います。

業務内容

設備設計

給排水、空調、照明、音響、等に対して環境配慮、省エネルギー、エコの全てを考慮し、意匠設計者、構造設計者と協力を行い、お客様に最善の技術で提案を行いより良い設備設計を目指します。

業務内容
  • 機械設備設計
  • 電気設備設計
  • 省エネルギー他申請
  • 積算

設備設計監理

建築現場はお客様、設計者、施工者、各種専門業者がそれそれの技術で建築物を作り上げて行く過程において、設備設計者として工事が図面に準じて施工されているか、また、手抜き、施工ミスがないように監理を行い、より良い建物を完成させて行きます。

設備診断、リニューアル設計

建物において設備関係はどうしても建物より寿命が短くなってしまいますから設備診断、リニューアル設計は必要になります。設備診断、リニューアル設計に対して設備設計のノウハウを生かしてより省エネルギー、環境配慮を提案してお客様の要望の答えられる様な提案を行います。